2018年5月27日日曜日

ハイランダーの【スエードインフレーターマット】が本当にコスパ最強か試してみた

以前より、ハイランダーから発売されている【スエードインフレーターマット】という商品が気になっていました。

口コミではコスパ最強と言われており、確かに厚み5cmのインフレータブルなマットでお値段が3980円、はカタログスペックではコスパ最強ぽいです。
更に生地がスエード調で肌触りが良く、枕も付いているというオマケ付きです。
(枕は好みが分かれるところでしょうが。。。)

とは言え、あくまでカタログスペックですので実際のところは分かりません。
いつかは試してみたいと思っていました。
そんなハイランダー【スエードインフレーターマット】を、ついに購入しました。

今回はそのレビューになります。






本題



今回はついに購入したハイランダー【スエードインフレーターマット】のレビューです。

シングルサイズとダブルサイズが販売されていて、どちらにしようかかなり迷っていたのですが、基本はファミリーキャンプで使用するのでダブルサイズを購入しました。

実際に購入したのはコチラになります。


最終的にはダブルサイズが2個必要だと思っていますが、失敗が怖かったので今回はとりあえず1個だけ購入です。

ちなみにインフレーターマットを購入するのは今回初めてで、今までは銀マットを使用していました。
その点も踏まえてレビューを見ていただけると幸いです。


スペック


ナチュラムさんのHPから引用すると、

商品説明
  • 枕の付いた5.0cm厚に肌触りの良いスエード地を使用。快適な睡眠をお届けします。
商品詳細
  • 表生地:ポリエステル100%スエードタイプ/PVCコーティング
  • 裏生地:ポリエステル100%(75D/190T)/PVCコーティング
  • サイズ:幅132×長192×厚み最大5cm
  • 収納サイズ:幅30×高70cm
  • 重量:約3.4kg
  • 付属品:ゴムベルト2本、リペア用生地
  • 初回使用時は内部のウレタンが真空状態の為、膨らみにくくなっております。バルブから空気を吹き込んで下さい。
このようになっています。
実際に使ってみての感想も交えてレビューしていこうと思います。


素材感


表生地のスエードは、本当に気持ちいいです。

個人差があるのかもしれませんが、私は結構好きです。ツルツルしていないのもで、シュラフも滑りにくくなっていい感じだと思ってます。
あえてマイナス点を挙げるなら、気温が高いと暑いと感じるかもしれないです。
逆に寒さには強いと言えると思います。

裏生地には滑り止めが施されていますが、これは気休め程度だと思います。
ただ、ダブルサイズの重さもあってか特別滑る感じはありません。
そういう意味では実は効果バツグンなのかもしれません。


サイズ感


まず、使用サイズですが長さがが192cmとなっています。
一見、十分そうに見えるサイズなんですけど、これは枕部分も入れたサイズになっていて、枕を除いた長さは165cmです。
ですので、枕を使用しない方は注意です。足が飛び出る可能性が高いです。

ちなみに身長167cmの私は枕部分を使用しないと、足(足首から下)がちょうど飛び出ます。
枕を使った状態でも、結構ギリギリです。
寝方の問題もあるかもしれませんが、175cm以上の方だと枕部分を使っても飛び出るんじゃないでしょうか。


続いて収納サイズについて。
幅30となっていて当然丸まっていますので、直径が30cmとなっています。
測ってみると分かると思いますが、意外と大きいです。
届いた時にタープぐらいあるな、って思いました。
ちなみにスノーピークのヘキサタープMの収納サイズは

キャリーバッグサイズ:80×17×22(h)cm● 重量:3.1kg(本体、ロープ含む)

となっていますので、遠からずですね。
4人家族だとこれが2個必要なので、なかなかの荷物です。
ちなみにシングルサイズだと収納サイズが20×65cmとなっていて、こちらを4個揃えると更に嵩張ることになります。
この点もダブルサイズに決めた1つですね。


使い勝手


肝心の使い勝手ですが、まず使用感(寝心地)はかなりいいです。
銀マットからのグレードアップという事もあるかもしれませんが、今の所これで十分じゃないかと思っています。
(子供は気に入って、購入してからずっとこれで寝てます)

使用する際は、マットの足側の左右に付いているバルブを緩めます。
そうすると「シュー」という音とともに勢いよく空気が入っていきます。
私の感覚では追加で空気を入れる必要がないほど、自動で膨らんでくれます。
ちゃんと測っていませんが、空気が入りきるまでに5分もかかっていないと思います。

といった様に広げる時は非常に簡単です。
バルブを緩めて置いておけば自然に出来上がります。


問題は畳むときです。
手順は、バルブを緩めた状態でマットに体重をかけながら丸めていきます。
体重をかけて潰しながら丸める事で空気を外に押し出す訳です。
最終的に、筒状まで丸めたら空気が戻らない様にバルブを締めて完了です。
手順はこうなのですが、広げる時に書いた様に空気の入りが半端ないのです。
なのでバルブを緩めた状態でマットを丸めようと思っても、うまく丸められずに全然空気が抜けてくれません。
実際やってみると2人がかりでなんとか、という感じでした。

ただ、その後何度か畳んでみてコツを掴みました。
この技を使えば一人でも割と簡単に畳めると思います。
手順はこうです。

・まず、バルブを緩めます。
・ダブルサイズの場合は横に半分に折ります。(シングルサイズにするイメージ)
・更に縦に3〜4つに折ります。(座布団みたいにしてください)
・その上に座ります。
・どんどん空気が抜けていくと思うので、抜けるところまでいったらバルブを締めます。
・バルブを締めたままマットを一度広げます。
・今度は丸めていきます。
・完全に丸まった状態で更に空気が抜けそうなら、バルブを開けて空気を抜いてから締め直します。

以上。
これなら女性でも一人で畳めるんじゃないかな、と思います。
ハイランダー【スエードインフレーターマット】の収納時に苦労している方、お試しあれ。


まとめ


今回はハイランダー【スエードインフレーターマット】のレビューをしてみました。

結論、コスパ最強、かは分かりませんが、かなりいいです。

個人的には寝心地は必要十分かなと思います。
故にこれ以上のお金を払う必要はないと感じますね。
ただ、他にもっと安価なマットがありますので、そちらでも十分な可能性も残っています。耐久性もあるので、すぐの評価は難しいところではありますがね。

とりあえず、我が家としてはもう一つ【スエードインフレーターマット】のダブルサイズを購入することにしました。
次回のキャンプからは安眠が得られると考えています。


それでは今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


マットについて考察した過去記事はこちら
テントで快適に眠るためのお薦めインフレータブルマット3選

0 件のコメント:

コメントを投稿

Popular Posts