2019年6月6日木曜日

キャンプ用スパイスボックスを100均素材で自作してみよう

料理に必要な調味料、

キャンプで作る時にも調味料を使って美味しく作りたいですよね。

そんな時、色々な調味料を1つにまとめて収納できる

『スパイスボックス』があると、便利だと思うのです。



持って行くにも

使うときも

便利なスパイスボックス。


ついでに飾っておいてもオシャレなら完璧です。


そんな『スパイスボックス』は検索するとすぐに見つかるんです。


そう、「SOLUM×tent-Mark DESIGNS」のスパイスボックス


でもこれ、結構お高いです。
6500円ほど。。。


あと結構大きいです。

飾りとして存在感はあると思いますけど

相当料理にこだわりがないと逆にちょっと大袈裟な感じに思うのは私だけでしょうか?








それならば、自作してしまおうと。

みた感じ同じような雰囲気で作れそうですし。


お手軽な自作素材となると100均アイテムですよね。


なので今回は全て100均のアイテムで作ります!




2019年5月25日土曜日

パンダTC買いました

ついに手に入れました。



今日はテンマクデザインさんから発売してされている
パンダTCについてです。








キャンプ好きなら知っているパンダTC。

同じくテンマクザインさんのサーカスTCと共に人気商品ですよね。


発売と同時に完売する、とか、しないとか。

いや、実際してるんですけどねw


ただ、ソロ向けのテントだったので自分も実際のところは
今まで知りませんでした。


そんなテントが今日、2019年5月25日に再販しました。


最近たまたまソロキャンプしたいなーと思い始め
色々テントを見ていたところ、5月下旬入荷の情報が。

今日まで毎日チェックして待ち続けていましたよ。


11時から受付開始とのことでしたので、
それまでに会員登録とクレカ登録まで済ませて準備万端です。


11時まではホームページ開いて待機して、
時間になったらF5!

んんっ、ページが重いぞ。。。
ジリジリ待たされながら、浮かび上がる「カートに入れる」のリンク。
素早くクリックして、会計に進んで購入。

クレカ登録しておいて正解だった〜。

最後の確認ページが出るまでドキドキでしたが
購入確認のメールが来ていてホッと一安心。

初挑戦でしたが無事に買えました。


その後もう一度パンダTCのページを見に行ったら、もう在庫がなかったですね。
その時間、わずか5分程度。

完全に「発売と同時に完売」でした。

自分はWILD-1のオンラインショップから購入したのですが
後から見たら楽天市場店でも販売していたようですね。
そっちの方が楽天ポイントが付いて良かったな〜、とか思いましたが
まぁ、購入できたので良しとしましょう。



で、


自分は無事に購入できたので本当に良かったのですが
発売前から気になっていた転売屋の存在。

ヤ◯オクとか見ていると新品未使用で定価以上に売ってる輩がいるんですよ。
今日も購入後に見てみたら、性懲りも無く新規出品されていました。





・・・・
5万5千円て。
予約商品て。
もはや隠す気もないじゃん。


転売屋のせいで本当に欲しい人が買えなくなっているのが悲しいですね。
定価3万円なので皆さん騙されちゃダメですよ。
ちなみに自分はタープも一緒に買って5万円です。

皆で転売屋から買わずに、ギャフンと言わせてやりたいものです。
本当に欲しい人は買うしかないんだろうけど。。。






2018年9月23日日曜日

Snowpeak酒筒久保田雪峰2018って本当に当たるんだ

2018年9月某日

その日、事件は起こった。



家に届いた、覚えのない佐川からのダンボールが1つ。


”おかしいな。最近Amazonでポチってないはず”
そう思いながら送り状を見る。


『Snowpeak 久保田 雪峰』


まさか。

ブルガリアヨーグルトのデロンギ電気ケトルも来ていない・・・

フジパンのバルミューダも来ていない・・・

Wチャンスのバターナイフだって来ていないんだぞ。



いや、まさか今までの応募はここで当たるための溜めだったのか!



俺はダンボールを開ける。
その中に存在する商品は紛れもなく「Snowpeak 酒筒久保田雪峰2018」であった。








・・・

・・




はい。
と言うわけで、今回は2018年8月31日まで行っていたキャンペーンに応募したら
幸運にも当選したよ、と言うお話です。

冒頭つまらん文章で申し訳ないです。
お目汚ししました。

でも本当に家に届いたときは、信じられなかったです。
抽選100名だったので当たる気もなかったし、
8月終わり際に応募したので、まさかこんなに早く来るとは思ってなくて完全に油断してました。
そう言う訳で、物欲センサーに引っかからなかったんでしょうね。

1本しか買っていないので、超ラッキーだと思ってます。
大切に使わせて頂こうと思ってます。


しかし欲しいとは思ってましたが、
自分では絶対お金を出して買わない商品だと思ってました。
こう言う形で出会ったのは本当に幸運でした。

せっかく手に入れたのでレビューしたいと思います。
(あんまり持ってる人いなさそうですし)





まず、重さですが流石のチタン製です。
驚くほど軽いです。
シングルウォールってのが余計に軽いんでしょうね。
9歳の娘に言わせると
「紙で出来てるの?」
だそうです。

金属なので割れる心配はないですし
形は酒瓶そのものです。
キャンプ場でも雰囲気出ますね。

すごく粋な商品だと思います。
いや、むしろ粋だけの商品に近いかも。笑


まだ使用してないのですが、キャップの部分が少し気になっています。
見た感じキャップは一升瓶の蓋(押し込むタイプ)ぽいのですが
実際はねじ式の蓋になっています。
それは外れないようになっていて良いのですが、
蓋の厚みが薄いのが気になりました。
持つ部分が薄くて力を入れ難いです。
海外のペットボトルだと蓋が薄いやつがあると思います。
あの感じです。
しかも硬めに締まるため余計にそう思いました。

あとは使ってみてですかね。




後日、専用ケースを購入しました。
お猪口はセットのを買おうか、とも考えたのですが
陶器のお猪口のが味があるんじゃないかとも思い、普段使ってる物を持っていくことに。
ちゃんとケースに入るので持ち運びは大丈夫そうです。


専用ケースは1500円です。


流石のフィット感です。
割とキツ目に入るので、抜け落ちそうにないです。


蓋を閉めたところ。


普通のサイズのお猪口ですが、瓶に被せられれば問題ないかと。


公式の使い方通りに入りました。


正面から見ても良い感じにセットされています。



これでキャンプには日本酒持参することになりそうです。
寒い時期に熱燗とかも美味そうだな・・・。






2018年9月2日日曜日

マナイタセットとケースと100均と

皆さんはキャンプでの包丁ってどうしてますか?


本当は、キャンプ専用のまな板と包丁を用意したいけど
包丁って100均のショボいのだと切れない。
でもキャンプ行くのって年に数回だし、わざわざ良い包丁買うのも勿体ないかな・・・。


こんな想いが渦巻いている方も多いと思います(勝手に)。

私もその中の一人でして、家の包丁を持って行って使ってました。

でも毎回準備するのは嫌なんです。

忘れる可能性も高くなりますし、
何より専用品が欲しいんです。




そして遂に


今回ついに、買いました。

買ってしまいました。


snow peakさんの【マナイタセットM】です。



結論から言うと、想像通り素敵でした
さすがはsnow peak。
造りがしっかりしていて全然安っぽくなく、
(実際、安くないですが)
買って間違いなかったです。



そう言ってますが、買う前には色々と悩みました。


まずは、包丁だけ買う案。

まな板は今まで100均のまな板をキャンプ専用にしてました。
まな板だし何でも良かったので。
ですので、包丁だけ必要でした。

どうせ買うなら、大振りのナイフを買って調理用にしようかな〜
なんて考えもありました。
オピネルナイフ欲しいな〜とか。
ただキャンプにおいても食材のカットは嫁さんにお願いしている身として
よく使う人の意見を聞いた結果、使うのが怖いと言う事で、却下。


そうするとやはり包丁は普通の包丁が良さそうです。
包丁を買うならケースがちゃんと付いている物がいいなぁ、と。

アウトドア用のキッチンツールとして、包丁とまな板が付いている製品をいくつか見ました。
ただ包丁については、切れてナンボです。
安物買いの銭失い、となってしまう可能性大なので質をとってsnow peak製品としました。

そして、木のまな板と包丁(ペティナイフサイズですが)と折り畳みのギミックがあって
4000円強は、高くはないと思いました。
ただケースが無い(別売り)なのが残念ですね。
最初に入っている袋は通気性ゼロなので、このまま使うのはダメそうですし。。。
レビューを拝見すると、これと同じ意見を見かけるのですが
自分も商品を買うまでは「最初の袋をケースって・・・」と馬鹿にしていました。
しかし買ってみると、最初の袋といえどマジックテープが付いていて
確かにケースっぽいな、と思ってしまいました。
それだけに通気性ゼロが残念です。


このようにマジックテープが付いてます


【キッチンメッシュケースS】という製品がピッタリ納まるらしいのですが
そこまでお金をかけるゆとりがありません。
結局ケースは100均のメッシュ袋で落ち着きました。

買ったのはセリアさん。


さすがに大きさはピッタリこないですが、実用性は十分かなと。



これでついに包丁&まな板もキャンプ専用品になりました。
木のまな板ですので、メンテナンスが少し必要という事なので
使用前にメンテして次のキャンプに備えておこうと思います。








自分は買えなかった専用のケースです。
2018年8月15日水曜日

キャンプ場レポート:猛暑の中の「いなかの風キャンプ場」

2018年夏。
最高気温が40度越えが続く、異常な暑さです。

そんな中、7月21日、22日と長野県にある「いなかの風キャンプ場」に行ってきました。

場所は長野県の飯島。
中央自動車道の松川ICから20分ほどで着きます。
道もキャンプ場付近の残り3分くらいは車1台分の道幅になりますが、それ以外は普通に広い道です。
アクセスのいいところだと思います。

今回は「いなかの風キャンプ場」のレポート記です。




高速を降りて最初に向かったのは、道の駅「花の里いいじま」。
ここで、お昼休憩をしました。

まず、駐車場に入ると目につくのが水車です。

飾りではなくて、水車の力で精米しているそうです。




そして入ったお店は「みよし」さん。



メニューにはそば・うどん・馬肉を使った馬か丼、なるものがありました。
その中で選んだのは、そばとミニ天重かミニかつ重を選べるセット。

ざるそばとミニソースかつ重のセットを選びました。



このボリュームで980円!
正直、道の駅の食事で、こんなに満足するとは思ってなかったです。
蕎麦はもちろんのこと、カツも甘めのソースでかなり美味しかったです。


お店に入ったタイミングが良くて、早めにご飯を食べれたお陰で
キャンプ場のチェックインまで時間があったので、先に川遊びに行くことに。
向かったのは与田切公園という所。
キャンプ場も併設?されているみたいでした。
木に覆われているキャンプ場で、全体的に影になっていて
すごく暑かった日だけにこのキャンプ場は羨ましかったです。笑

すぐ横を流れている与田切川で少し川遊びをしました。
外は暑いですが、川の水はとても冷たくて気持ち良かったです。



そしてチェックインの14時を過ぎたので、いよいよ「いなかの風キャンプ場」へ。

受付を済ませて、サイトへ移動しました。





案内されたのは「オートサイト2」
管理棟のすぐそばのサイトでした。
公式サイトのフィールドマップを見るとAタイプの位置にありますが、予約したのはBタイプだったので一部違うところがあるんですかね。
広さ的には、とんでもなく広い印象は受けなかったです。

ただこの草原、素晴らしい。そして1家族に対しては十分広い。
こんなに暑くなかったら、ごろごろしたいくらいです。
とにかく暑いので、さっさとタープを建てて日陰を確保。
この広いサイトでHDレクタLは最強だと思いました。

その後、テントを張って、サイトをレイアウトして・・・
途中、休憩&水分補強をしながら行いましたが、かなりの暑さに汗だくでした。



そして夕方、汗だくなので予定通り早めにお風呂に入ることに。
中は体を流す場所が2箇所と湯船。
そんなに広くはないので、混みそうな時間は避けた方がいいと思いました。


ボディーソープとシャンプーは付いてます。



眺めは最高です。
夕方に入りましたが、濡れた身体に風が気持ちよかったです。


お風呂を出て、夕食作りです。
と、その前に「いなかの風キャンプ場」の管理棟では生ビールを販売していることを思い出し、買いにいきました。
風呂上がり&猛暑の中&キャンプ場
という、ビールが美味しくなる要素が盛々で不味くなる訳がありませんが
めちゃくちゃ美味かったです。
グラスを返すときに、思わず「美味しかったです」とお兄さんに伝えたくらいです。

しかもLINEで頼んでサイトまで持ってきてもらうこともできるとか。
私は今回管理棟にめっちゃ近い場所でしたので、自分で取りに行きましたけど
運んでもらえるのは素敵ですね。




管理棟をサイトから。
とっても近いです。



夕暮れのサイト。
この雰囲気好きです。



夕方、ゆっくりし過ぎてしまったせいで、夜ご飯の準備がすっかり遅くなってしまいました。
ランタンの光で料理する、と言う失態。笑
今回は久しぶりにカレーを作理、美味しく頂きました。



後は寝るだけなのですが、ここで事件が。
下のチビ助が、暑くて寝苦しいため泣いていると思いきや
鼻血を出していることが分かりました。(暗くて最初分からなかった)

冷やす物もないし、とりあえず”うちわで扇ぐ”という原始的な策で対処し、結局は事なきを得ましたが、今考えれば、クーラーボックスに入れてある保冷剤を普通に出してくれば良かった・・・。
テンパってたって事ですな。
次の日は撤収して、帰りに「望岳荘」と言うお宿でお風呂に入ってから帰路につきました。


と言うわけで、無事?キャンプを終えましたが、やはり終始暑さにやられました。
帰りの撤収時も暑くて暑くて、、、。


結論、この「いなかの風キャンプ場」は暑い時にはオススメしません。
少しは涼しいかな、っと思って行きましたが、普通に暑いので涼しい時期に行くのがベストかと思いました。
ただ、それ以外はサイトは広くて、芝も綺麗で最高でした。
そして、炊事場でお湯が出るのが驚きでしたね。
自分の家からはそんなに遠いわけでもないので、涼しい時期にもう1度行くのは有りだな、と思ってます。




おまけ。
トイレの写真を撮ったので、ご紹介です。


入り口です。
サニタリー棟のすぐ近くにありました。




普通に綺麗な水洗トイレです。




Popular Posts